« OS自作入門 | メイン | MacBook注文しました »

はじめて読む486

本の紹介
はじめて読む486―32ビットコンピュータをやさしく語る
はじめて読む486―32ビットコンピュータをやさしく語る
蒲地 輝尚

謎のクマしゃんの評価:★★★★★

全世界のパソコンで一番使われているCPUであるIntel x86 CPUの386以降に搭載されている32bitモードへの遷移方法、保護機能、タスク機能、ページング機能、仮想8086モードの使い方をソースコードつきで細かく解説した本。

「はじめて読む」という言葉とは違い、非常に技術的な内容が書かれている。
現在も売られている日本語の解説書としては、恐らくこの1冊しかないと思われる。

OS自作入門を読んで、実際に作ってみたくなった方にはお奨めの1冊

ソースコードについては、FD、CD等は付属していないが、出版社サイトからダウンロード可能
但し、MS-DOSがまだ使われていた時代に書かれた本であり、16bitのコンパイラおよびWindows 3.1での動作を前提としているので、そのまま試せることは期待しないほうが良い。

バナー バナー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.idealfuture.net/mt/mt-tb.cgi/187

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

リンク

相互リンクを募集しています。
コメントにでも書いて下さい♪

About

2007年1月29日 01:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「OS自作入門」です。

次の投稿は「MacBook注文しました」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

  • 累計:
  • 本日:
  • 昨日: