« 10数年前の忘れ物 | メイン | はじめて読む486 »

OS自作入門

本の紹介
30日でできる! OS自作入門
30日でできる! OS自作入門

謎のクマしゃんとしての評価:★★★★☆

OSASKというOSを開発している方が書いた本
いろんな意味で非常に面白い


○良い点
・今までOSの作成方法について解説する本が少なかったので、貴重な1冊
・GUI、キーボード、マウス操作が一通りでき、プロセスの作成、メモリ保護機能を有するOSの作成方法が、1冊の本に纏っている。
・対象読者がアセンブラ、C言語の基礎が分からない中学生としているので、中学生でも読めるレベルの日本語で書かれている。

○不満な点
・分厚い。対象読者のレベルに合わせて無駄な説明が多いため、重い一冊。
・ハードウェアの扱いについて、何をやっているかという説明は書かれているが、細かいことは付属CDのソースと、Webページを参照してほしいという方針を貫いている。できれば、そのような情報は巻末に載せて欲しかった。
自分で調べる力をつけるということに意義はあると思うが、OS自作バイブルとしては活用できない。
・良くも悪くも、著者自作ツールを多用しすぎ。
・些細な事に凝り過ぎて、いくつか大切な事が抜けている。


OSの作り方について一通り解説されているので、読んだら作ってみたくなるので、作り方について知りたい人にはお勧めの1冊です。

但し、実際にまともなものを作ろうとすると、この1冊だけでは足りません。
物足りなかったら後は自分で何とかしてねという趣旨の本なので、それはそれで有りなのかも知れません。

(私も古代遺跡押入れ から過去の遺物とか漁り始めました。)

興味がある方は読んでみてください。

バナー バナー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.idealfuture.net/mt/mt-tb.cgi/186

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

リンク

相互リンクを募集しています。
コメントにでも書いて下さい♪

About

2007年1月29日 00:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「10数年前の忘れ物」です。

次の投稿は「はじめて読む486」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

  • 累計:
  • 本日:
  • 昨日: