« Mac OS X、XP、Vistaのトリプルブートを実現する | メイン | ウィルス対策ソフト »

Parallels Desktop for Macが凄い

仮想化ソフトウェアのVMware Fusion for Macのβ版が遅く、機能も貧弱で余りに使えなさすぎるので、Parallels Desktop for Macの英語版に乗り換えてしまった。

噂には聞いていましたが、使ってみての感想を率直に言うと、
凄すぎ

何が凄いかって?

↓これ
%E3%83%94%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3%201.png

よく見るとMacの画面にWindowsのウィンドウが混じってます。
これがParallels Desktop for MacのCoherenceモードです。

Windowsのデスクトップが消えて、Windowsアプリケーションのウィンドウが他のMacのウィンドウと同じように境界なく使えます。
MacのフォルダにあるドキュメントをWindowsのアプリケーションにドラッグアンドドロップして開いて編集するといったこともできます。

動画が見たい方はこちらをご覧ください→YouTube

速度の方も、デバッグモードで動いているβ版のVMwareがもっさりしていましたが、Parallelsは実機とほぼかわらない速度で動いており、非常に実用的です。

長年、WindowsからMacへのSwitcherが夢見ていた機能がついに実現されたと言えるでしょう!

すばらしいです。Parallels!

バナー バナー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.idealfuture.net/mt/mt-tb.cgi/193

コメント (2)

もに:

ぼくはずっとVMwareを使ってましたが、Parallelsもよさそうですね。

コメントありがとうございます。

MacとWindowsとの仮想化ニーズの違いですよね。
Windowsで使う場合なら複数のSnapshotが記録でき、様々な環境が試せるVMwareが一番良いと思いますが、Macの場合は単にMacにないWindowsアプリケーションをMac上で使いたいということが一番のニーズだと思いますので、Parallelsが実装している機能がとても良いのです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

リンク

相互リンクを募集しています。
コメントにでも書いて下さい♪

About

2007年3月 4日 23:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Mac OS X、XP、Vistaのトリプルブートを実現する」です。

次の投稿は「ウィルス対策ソフト」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

  • 累計:
  • 本日:
  • 昨日: