メイン

オペレーティングシステム アーカイブ

2006年10月22日

Vista RC2を使ってみた。

MS、「Vista」のRC2をリリース--正式版公開に間に合うか、専門家で意見分かれる - CNET Japan

11月に完成品を一部企業へ提供するためフル回転しているMicrosoftが、一般向けテスト版としては最後のものになると考えられる「Windows Vista」リリース候補版(RC)を米国時間10月6日に発表した。

間に合うんでしょうか、どうなんでしょう?

結局、企業向けのバージョンを年内にリリースするのってSA(Software Assurance)の補償なんですよね。
個人で年内に利用するにはMSDNにでも入るしかないって事です。


で、どの程度の出来具合ものか確認するために、試しに家の2台のPCにVista RC2を入れてみました。


続きを読む "Vista RC2を使ってみた。" »

2006年10月28日

日本のVistaアクティベーションはXPと同等の対応

マイクロソフト、Windows Vista/Office 2007日本語版の価格を発表

 Windows Vistaのアクティベーションについては、アクティベーションのアルゴリズムは非公開だが、パーツを交換することによって再度アクティベーションが必要になるか否かの対応は基本的にXPと同じという。
 また、「日本では自作が活発であり、PCをカスタマイズできることは非常に重要な要素であると認識している。Vistaはそのような需要に応えられるだろう。米国では、1台のPCから別のPCへのOSのライセンス移動は1度までと、ライセンスで規定されているが、日本向けのライセンスは最終調整中で、追って発表する」とコメントした。

ライセンスが厳しくなると聞いていたので、自作ユーザーとしては多少安心です。

2006年11月 6日

マイクロソフト、Vistaの移管回数制限で譲歩

先日もお伝えしましたが、CNET Japanの方にもVistaのマシン変更回数制限譲歩の記事がでていました。

マイクロソフト、Vistaの移管回数制限で譲歩 - CNET Japan

ワシントン州レドモンド発--Microsoftは米国時間11月2日、2週間ほど前に発表したライセンス条件の変更を撤回し、店頭販売版Windows Vistaのライセンスを別のコンピュータに移管する回数は制限しない、と明言した。

これで部品交換毎に買い替えなくても、よくなったようです。
あとはVMの問題をどうするかですかね。

評価でよければTechNet Plusで良いでしょうが、常時使うとなると、

PC本体は、DSP版
VMは、パッケージ版

といった構成が良いんでしょうかねぇ・・・

2007年1月25日

10数年前の忘れ物

趣味でゴソゴソしてます。


続きを読む "10数年前の忘れ物" »

2007年1月29日

OS自作入門

本の紹介
30日でできる! OS自作入門
30日でできる! OS自作入門

謎のクマしゃんとしての評価:★★★★☆

OSASKというOSを開発している方が書いた本
いろんな意味で非常に面白い


続きを読む "OS自作入門" »

はじめて読む486

本の紹介
はじめて読む486―32ビットコンピュータをやさしく語る
はじめて読む486―32ビットコンピュータをやさしく語る
蒲地 輝尚

謎のクマしゃんの評価:★★★★★

全世界のパソコンで一番使われているCPUであるIntel x86 CPUの386以降に搭載されている32bitモードへの遷移方法、保護機能、タスク機能、ページング機能、仮想8086モードの使い方をソースコードつきで細かく解説した本。

「はじめて読む」という言葉とは違い、非常に技術的な内容が書かれている。
現在も売られている日本語の解説書としては、恐らくこの1冊しかないと思われる。

OS自作入門を読んで、実際に作ってみたくなった方にはお奨めの1冊

続きを読む "はじめて読む486" »

art4_468x60.jpg

リンク

相互リンクを募集しています。
コメントにでも書いて下さい♪

About オペレーティングシステム

ブログ「理想未来」のカテゴリ「オペレーティングシステム」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

  • 累計:
  • 本日:
  • 昨日: